今週の注目銘柄 PG、QCOM、CRM

今週の注目銘柄 PG、QCOM、CRM

はじめに

こんにちは、サラリーマン投資家、春太です。

アジアカップ残念でしたね。イランに勝ったので優勝だろうと油断をしていたら、カタール想像以上に強かったですね。韓国にも買ってるし、オイルマネーあるし、今後W杯予選などでも強敵になりそうです。

今週注目銘柄挙げていきます。

PG(P &G)、QCOM(クアルコム)、CRM(セールスフォース)の3銘柄です。

PG(P &G)

まずPGです。言わずと知れた優良企業ですね。

日足チャート↓

週足チャート↓

先週注目銘柄のペイパルと同じく、懲りずにブレイクアウトです。

ブレイクアウトで一度成功してみたいというバイアスにかかってる感じがあるので、失敗する可能性が少し高まってる気がしなくもないです。

金曜の高値を月曜上回って勢いがありそうなら買ってもいいかなと思っています。

ただ100ドルの節目で一度下げ圧力にかかるかもしれないので、注意。なんにせよ逆指値損切り注文は入れます。

動きが遅いのが微妙なところか、安心して持てるとも言えるかもしれないですが。

QCOM(クアルコム)

続いてクアルコム、半導体のファブレス企業。

週足チャート↓


日足チャート↓

週足チャートで2017年9月と2018年4月の下げ止まり付近がサポートラインとして機能すれば、ここらで下げ止まって上がってくるはず銘柄です。

日足でも下げスピードが緩んで下がりづらくなってるので、下げ止まり感はあります。

様子見て買ってもいいかなと思ってます。

こういう下がってる銘柄を買う場合の買い方として、私は前日高値を当日抜けてきたら買いを入れる買い方をすることが多いです。

例えば単位が1ドルずつの株があったとして、120ドルから順調に下がってきて、100ドル付近で止まりそうなサポートラインがあったとして、じゃあ買いに入るぞという段階で、

月曜の株価が98ドル〜100ドル、だった場合、火曜に101ドルになったら買いに入る、というようなやり方です。

火曜に96ドル〜98ドルだった場合、その下降トレンドは継続する可能性が高いと思うので買えません。

火曜に98ドルから始まって101ドルに途中上がったら買います。結果論としては、じゃあ98ドルで買えばよかったじゃないか、となりますが、その4ドルの利益のために下降トレンド継続かもしれない株に投資をするリスクでいえばリスクリターン的においしくないという判断です。

下降トレンドの中で、101ドルになるということは、101ドルで買ってる人がいるので、下降トレンドはそろそろ終わるだろうと思ってる人が出てきた証拠で、それを見たそろそろ買いかなと思ってる人が下げ止まりと認識して買ってくる可能性があるということです(多分)。

そんな感じで、クアルコム、注目銘柄です。

CRM(セールスフォース)

最後はCRM、上昇トレンド銘柄だったのですが、昨年崩れました。ネット関連企業です。名前は日本でも聞きますね。

週足チャート↓

日足チャート↓

実は昨年下がった時に押し目買いで買ったのですが、想像以上に下がったので損切りした銘柄です。

投資の格言に「トレンドに逆らうな」というものがあります。

上記クアルコムは逆らいまくってますが気にしないでください。

CRMは上昇トレンド銘柄、昨年大きく下がりましたが、戻ってきてブレイクアウトしそうな勢いです。

ブレイクして上がってくれれば長期上昇トレンド継続ということでそのまま上がってくれる可能性もありそうなチャートです。

そうなれば株価上昇に合わせて売却ラインを上げていき大きな利益を取れる可能性も秘めています。

日足で逆三尊で上がってきてるようにも見えます。

ただ前回高値のレジスタンスで下がる可能性の方が高いと思うので迷うところです。

今週はそんなところです。投資は自己責任で。

2019年投資成績 +1506.53ドル +15.07% (年目標+20%)

米株投資資産 11551.48ドル

よろしくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


にほんブログ村