先週の注目銘柄の動きと投資方針と経験値の話

先週の注目銘柄の動きと投資方針と経験値の話

はじめに

こんばんは、元証券マンの弱小投資家、春太です。

先週注目銘柄で挙げた2銘柄(AAPL、PYPL)についてお話していきます。

ちなみに買いは入れてないです。

2銘柄の値動きも見ながら投資方針や投資経験値にも触れていきたいと思います。

PYPL ペイパル

ペイパルの注目理由は新高値ブレイクアウトです。

週足チャート↓

日足チャート↓ (今週金曜2月1日まで)

新高値ブレイクアウトの心理は、

まず前回高値、今回はこの前回高値が上場来高値になります、この前回高値まで株価が上がってきています。

そこより下で買っている人はどこかで売ろうと考えているわけで、その株価が、前回高値の93ドル付近にする人が多いです。

それは前回93ドル付近で下がったので、そのくらいになったら利益確定したい、という心理ですね。

というわけで、確率的にはその売りに押されて下がってしまう可能性が高いですが、それ以上に買い注文が入ってくれば93ドルを抜けて上がっていきます。

そして93ドルを抜けて明確に上がってくる段階では、下で買った人で93ドル付近で売ろうという人はもう利益確定していなくなっているので、多くの売り注文を消化できているということになります。

その売りを消化できるだけの強い買い注文が入ったこと、また新高値なので次の節目がないこと、また93ドル付近で下がると見込んで空売りを入れていた人たちの損切り買い戻しによる踏み上げ相場になり大きく利益を出すことができる、というシナリオだと思います。

そして今回は、その通りにいかず、93ドルは超えましたがその付近での売り注文に押されて下げてしまったという状況です。

私の今週のペイパルの見方ですが、先週25日(金)の高音94.58を月曜に抜いて来たら買ってもいいかなと思っていましたが、28日(月)段階で下げてしまったのでブレイクアウトの勢いがないと判断し、今週は買わない判断をしました。

もし月曜に高音超えていたら、買って損切り2%で逆指値注文を起き、高値更新に合わせてその逆指値売り注文ラインを上げていっていたと思います。

ただ個人的に日本株投資時も含めてブレイクアウト戦略って成功した記憶がないです。試行回数も少ないですが。

もっと勉強してトライしたいですね。

AAPL アップル

アップルの注目理由は大きく下げているのでそろそろ買ってもいいんじゃないか注目です。

週足チャート↓

日足チャート↓(今週金曜2月1日まで)

週足チャートで見ると、MACDのバーもマイナスから上がってきていますし、ストキャスも20以下でクロスして上がってきています、そろそろ買ってもいいのかな、という感じでした。

結局は買ってないのですが、株価は上がりました。

投資に対して良い勉強になりました。

私の今週の考えですが、

まず月曜はNYダウが一時400ドル下げるスタートでした。

個人的にダウの動きは少し下がる可能性もあるかなと見ていたので、月曜に400ドル下がったので様子見しようかなという心理でした。

アップルも少し下がっていましたし、様子見でと思っていました。

火曜も様子見していたら水曜にギャップアップしました。買っていたとしたら現在で7%近く上がっていたかと思います。

ここで考えたいのは、今後同じ状況になった時にどうするのか。

結果的に今回は買った方が良かったですが、もしかしたら下がっている可能性もあったわけで、プロセスとして考えるべきだと思います。

同じような状況になった時に買った場合と買ってない場合、1回の勝負でなく、その状況が100回あった場合、どちらの行動をした方がトータルリターンを高くできるか、継続して投資をしていく上では、その考えを元にプロセスを評価すべきだと思います。

今回は、大きく下がった銘柄で、週足テクニカルを見てそろそろ買いのサインが出ていた。

NYダウは下げてもおかしくないが、上がる可能性もある。

週初は400ドル下げからのスタート。

それにしてはアップルは下げがマイルドだった。

アップルの下げがマイルドだったことを考えると、ダウが連続で下げたとしてもそこまでアップルは下げない可能性もあるので、買ってもよかったかななんて思います。

今後、全く同じ状況はないにしろ似たような状況だったら買ってもいいかなと思います。

こんな感じで経験値を貯めてトータルリターンとしてプラスに持っていく実力をつけていきたい今日この頃。

いい勉強になりました。

2019年投資成績 +1506.53ドル +15.07% (年目標+20%)

米株投資資産 11551.48ドル

よろしくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


にほんブログ村