【投資状況】遅まきながら満を辞してそこはかとなくGOOGL買い

【投資状況】遅まきながら満を辞してそこはかとなくGOOGL買い

【はじめに】

壺振り師のイラスト

こんにちは、弱小米国株投資家春太です。

最近FXをやってみています。

理由としては、上手くいけば株よりも短期間で儲けられますし、手数料も安く株よりもトレード回数が多くなるので、テクニカルの勉強にもなるかなと思ってです。

もちろんエントリーしたら指値と逆指値で損切り注文と利益確定注文を同時に入れてしまうので、追証で大損をするようなことは避けていますし、国内FXなので25倍までということでリスクは限定させています。

金額も10万円で無くなっても勉強になればいいかなというくらいの金額でやっています。

チャートを見ながらエントリーしたり、FXをやっているツイッターの方を参考にしたりしながらやっていて、特に見ていたツイッターの方がこの通貨はこれから下がる一方だから上がったらツイッターを引退する、と宣言し、本当に引退してしまいました。

投資というのはどうなるかわからないもので、色々なシナリオがあり得ると考えた中でそのシナリオになったらどう動くのかを考えて、まずは長期的に生き残ることが重要なことだと学びました。

そのツイッターの方はFXを引退したわけではないと思いますが。

新たな動きから新たな学びを得ました。

生産性のあるチャレンジを積み重ねたいと思った今日この頃、いい天気です。

【GOOGL】

GOOGL7株1510.97で買いました。

逆指値損切り注文は1489に入れています。

上昇トレンド、最高値+節目のブレイクアウト、MACDクロス、そしてグーグルというネームバリュー、買う条件は整いました。

売上高で事前予測を下回ったこと、ユーチューブの利益寄与が予測を下回ったことなどで下げていましたが、盛り返してブレイクアウトです。

ユーチューブの収益源の多様化は評価すべきなんかの意見もありますし、アナリスト評価で買い41社、売り0社という情報もありましたので、買ってみました。

逆指値損切り注文にならないよう祈るばかり。

本音を言うと、GAFA+マイクロソフトのどれかを含み益で持ちたいと言う気持ちがありました。

金曜日までのチャートです。

ブレイク後はパッとしない動きでした。

ブレイクしたレジスタンスラインがサポートラインになるという原則を考慮すれば、手堅く上がってくるのではないかという強気予想と、出来高少ない上ブレイクした後の勢いがないので下がる可能性があるという弱気予想の二つを置いて、臨機応変に対応したいと思います。

さあどうなるか。

【NYダウ、コロナ、大統領選】

NYダウ

NYダウもGOOGLと同じような動き、ブレイクしたレジスタンスがサポートとして機能するか、勢い弱く下がるか、コロナの影響や大統領選、予備選のニュースも関連してくるかと思います。

大統領選はトランプ、ブティジェッジなら株価上昇、サンダースなら下落ですかね。

情報取っていきたいところです。

コロナの影響もまだわからない、実体経済の影響はこれからです。

ただ中国の実態経済の下押しは貿易戦争をしている米国に取ってはプラスに働く可能性もありますので、色々な思惑が絡んでくると思います。

ちなみに東京オリンピックは出来るんですかね。やって欲しいですが、コロナ感染者が日本に増える可能性があるのなら考えて欲しいものです。

【2020年成績】

投資回数1
勝率1
年間損益率(確定)5.78%
年間損益額(確定)595.3
年目標0.2
年目標とのGAP-14.22%
投資資産計(ざっくり)10815
現在保有銘柄GOOGL
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ

よろしくお願いいたします。