【投資成績】2019年 弱小投資家の名に恥じぬ

【投資成績】2019年 弱小投資家の名に恥じぬ

【はじめに】

ねずみの兄弟のイラスト(子年)

弱小投資家春太です。

2019年の投資成績を書いていきたいと思います。

2019年は米国株投資をしている方にとってはいい年になったのではないかと思います。

NYダウも24%くらい上昇しましたので、ポートフォリをを組んで長期投資している方も、ETFをやっている方も、新規参入でよくわからない方も、短期売買している方も、資産を大きく増やした方が多い年でしょう。

そんな中、弱小投資家の名を欲しいままにしている私は、+3%で終わりました。

NYダウや日経平均の上昇を考えるとなんとも寂しい結果。

しかし何事もプラスに捉えるのは大切で、皆様にとって、下には下がいるという安心感を与えられる暖かい存在に、冬のおでんのような存在になりたいと思っています。

【2019年投資成績】

投資回数13
勝率23%
年間損益率(確定)3.11%
年間損益額(確定)$311
年目標20%
年目標とのGAP-16.89%
リスクリワードレシオ3.68
期待値0.13%
投資資産計(ざっくり)$10,300
現在保有銘柄なし

投資成績は見ての通りで、+3%と寂しい結果に。

勝率の低さと大きく利益を伸ばす取引がなかったことで期待値が低くなっている状況です。

大きな損をしなかったことでリスクリワードレシオは悪くないかなというところが及第点です。

負けすぎです。大きな利益もなかったのも反省点。

エントリーポイントもですが、損切りと利益確定のタイミングやルールも考え直さないと行けないかなと思います。

リセッションがあるかもしれないという考えの上で投資スタンス、損切りのルールも決めていく必要があるかなと思います。

《分析、反省》

目標、指針を振り返ると、

まず、5年先くらいまでの長期の目標として、+20%くらいを安定的に出せるスキル、メンタルを身に着けること、そのために大きい損をして投資の世界から退場しないこと。

その上で2019年の目標と指針は、

目標として+20%

指針として、大損をしない(一回の取引で3%以上)、期待値の高いと思われる取引をする。

としておりました。

大きい損をしないこと

まず、大きい損をして投資の世界から退場しない、これがまず一番重要です。

勉強と投資を繰り返しながらスキルやメンタルを磨いていくことで、安定的なリターン→複利で資産増加を目論んでおりますので、一発逆転に賭けて投資の世界から退場などはもってのほか。

この部分はできたかなと思います。一回の取引での損は3%以上のものはなかったので。

ここは継続したいところ。

+20%

ここは未達で終わりました。

年初は(たまたま)調子良かったので行けるかなと思ったのですが、そんな甘くもなく、相場は良かったのにも関わらず、17%程届かずに終わりました。

指針としての大損をしないはある程度できておりましたが、期待値の高いと思われる取引が出来ていなかったです。

要因として、あまり考えずに感覚でやって損をしたところがあったのが一つあるかと思います。

利益が出て気分が良い時に勢いで買ってしまったり、以前利益が出た銘柄は勝てる気がして買ってしまったり、良いと思って買ったけれど損切りした銘柄が安いと思って買ってしまったり。

しっかりと考えた上での購入ではない部分がいくつか見られました。

ここは改善できるところだと思うので改善したいと思います。

あとは、根本的なところですが、期待値が高いと思ったところが、そんなに期待値が高くないということもおそらくあったかと思います。

これは結果論でしかない部分もあり、具体的に数値化出来るものではないですが、出来るだけ具体的に、期待値が高いと思う部分を過去のチャートなどを参考に勉強していくことが重要だと思うので、日々精進です。

また、相場を当てることは難しいという前提のもと、今後どうなるかを予想ではなくいくつか想定し、何が起きても動じずに行動、静観出来るような準備をしておきたいなと思います。

なんかつらつらと抽象的なことを言っている気がしますが、具体的に取り組み、まともな文章をかけるように頑張ります。

【2020年目標、指針】

座礼のイラスト(男性)

2020年の目標は

1、+20%

2、3%以上の損をしない

指針として、

1、リセッションの可能性を頭に入れた損切り、利益確定のタイミングを考慮する

2、期待値の高い取引の精度を上げる

です。

長期目標の+20%を安定的に出すスキル、メンタルを獲得するために今年も精進していきます!

本年もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ