MCDイグジット戦略考察

MCDイグジット戦略考察

【はじめに】

こんにちは、元証券マンのサラリーマン投資家春太です。

明日はレアル・マドリード対バイエルン戦です。

久保建英選手が出場するかもしれません。

本田圭佑選手がミランの10番付けた時も驚きましたが、レアルの試合に日本人が出場することになればすごいことですね。

楽しみです。

何事も不可能はないという気持ちで、米国株投資に打ち込んでいきたいと思います。

【NYダウ】

日足

週足

NYダウはレジスタンスを上抜けした後下がってきています。

レジスタンスラインは超えるまではレジスタンスですが、越えれば一転サポートラインになるので、26000台後半で下げ止まって上がってくれることを期待します。

そこ割れると少し下がるかもですね。

【MCDマクドナルド 現状】

保有のマクドナルド

日足

週足

200ドルの節目を超えたところで勢いづくだろうと思い購入し順調に上がっています。

木曜日に215ドルを大陽線で超えたのでまた上がるかと期待しましたが、金曜日は一転大陰線の下げで、週足のローソク足でも十字線なので下がる可能性も出てきました。

ただ、週足日足共に上昇トレンドですし、NYダウも上昇期待がありますので、保有継続しようと思っています。

【MCDイグジット戦略】

出口戦略は買いタイミングと同じくらい重要で、良いところで買っても良いところで売れないと損する可能性もありますし、悪いタイミングで買っても、良いところで売れば損は小さく済むと思います。

というわけで出口戦略の話。

日足の期間を長めにとったチャートです。

結論から言えば、高値-5%くらいのところで逆指値の売り注文を入れるという戦略です。

昨年の12月頃からの三角保ち合いを上抜けした後のチャートを見ると、だいたい下げたところでも高値から2〜3%くらいのマイルドな動きをしています。

上がったり下がったりしながら上昇するとして、そのくらいの幅では売らない戦略がいいかなと思い、ざっくり5%くらいでいいかなという考えです。

このマイルドなチャートの中で5%下げるくらいの下げ圧力があればトレンドが一旦終わってもう少し下げる可能性もあるので利益確定をしておき、そうでなければ上昇トレンド継続とみなして上値にはついていく感じです。

ベストは最高値で売れればいいですが、それは難しいですし、高値だと思ったけど上昇が長く続いた場合勿体無いので、「頭と尻尾はくれてやれ」理論で行きたいと思います。

ただここで5%下がって売れてしまうと利益も少ないので悲しいですが。

【2019年成績】

投資回数7
勝率29%
年間損益率6.44%
年間損益額(ドル)643.61
リスクリワードレシオ4.12
期待値0.80%
年目標20%
GAP-13.56%
にほんブログ村 株ブログへ


にほんブログ村

よろしくお願い致します。