休業→再開 NYダウトリプルトップ

休業→再開 NYダウトリプルトップ

はじめに

元証券マン弱小投資家春太です。

久々のブログ更新です。

米国株も久しく買っておりません。

なんかよくわからない状況で下がる気もしたもので。

その間はIPOに初当選(約2年かかりました)し、20万円くらいの儲けが出ました、またその辺も気が向いたら書いてみたいと思います。

NYダウ状況 2月末〜現在

私が最後に取引したのが2月末でした。

そこでの考えとしては、調子よく上げてきたし節目もあるので一旦下げがありそうなので買いに入らずマネーで待機しようということでした。

そこからは上がったり下がったりで結局300ドル上げくらいだったので、まあ良しとします。

NYダウ状況 現在〜

ここからは、週足で見てもらうとわかりやすいですが、トリプルトップ形成です。

流石にそろそろ下がりそうな感じですよね。

売りも入ってくると思います、ここで下げるなら1000ドル以上の下げになってもおかしくないと思いますので、下げたところを買い狙いたいと思います。

また、もしトリプルトップを形成せずに上った場合はどう考えるか。

まずトリプルトップやダブルトップの群集心理としては、前回の高値、トリプルトップは前々回も含む高値を投資家が意識して、安値で買った投資家はその高値付近で売りに出します。

また売りで儲けようとしている人もそれを見越して売りに出します。

ですのでこの付近はいつも以上の大量の売りが出ることになります。

少し下がると、安値で持っていて、もう少し上がるかもと売り出さずに持っていた人も下がっているからもっと下がる前に売ろうと売りを出します。

そしてダブルトップやトリプルトップが形成されます。

ではそれに打ち勝ち上がる場合はどういうことなのか。

単純に、大量の売りよりも多い大量の買いが入るということです。

それは大量の売りが入ったにも関わらず上がるということなので今後も強い動きが予想されます。

加えて、ダブルトップやトリプルトップを見越して売りで入っていた投資家が上がったことで急いでというか自動的に損切りの買い戻しを入れることで踏み上げ相場にもなります。

というわけで、トリプルトップを形成せずに上がってきたらまた買いに入ろうかと思います。

個別株で調子良い銘柄ならダウ見なくてもいいかもしれないですが、それは今後の課題です。

個人投資家なので、良い時だけ取引をすればいいとも思いますが、どんな相場でも儲けられる戦略があればいいなとも思っています。

2019年結果

投資回数5
勝率40%
年間損益率10.79%
年間損益額(ドル)1,079.07 
リスクリワードレシオ4.59
期待値1.92%

よろしくお願いいたします。