なぜ損を拡大してしまうのか プロスペクト理論について考える

なぜ損を拡大してしまうのか プロスペクト理論について考える

はじめに

こんにちは、元証券マンの弱小投資家、春太です。

今日はプロスペクト理論について話していきたいと思います。

投資の基本

投資の基本は損小利大と言われています。

損を小さくして利益を大きくすること、勝率に関しては50%以下だとしても損を小さくし、利益を大きくすることでトータルリターンをプラスに持っていく。

しかし人間の心理的に、この損小利大をするのが難しいというのがあります。

それの要因として、行動心理学のプロスペクト理論があります。

ダニエル・カーネマン著の「ファスト&スロー」で勉強したので、書いていきたいと思います。

プロスペクト理論

1、損失回避性

問題1 

あなたはどちらを選びますか

確実に900ドルもらえる、または90%の確率で1000ドルもらえる

問題2

あなたはどちらを選びますか

確実に900ドル失う、または90%の確率で1000ドル失う

問題1では多くの人がリスクを回避し、確実な900ドルを選びます。

問題2では多くの人がリスクを追求し、90%の確率で1000ドル失う方を選択します。

確実な損失は非常に嫌なものなので、リスク追求を選びやすい。

勝つことを好む以上に負けることを嫌う、これが、損失回避性です。

損失は利得より強く感じられる。

ちなみにプラスの期待や経験とマイナスのそれとの間のこうした非対称性は、進化の歴史に由来するものと考えられているようです。

好機よりも脅威に対して素早く対応する生命体の方が、生存や生産性の可能性が高まるからです。

つまり、生存していくための本能として、この損失回避性はあるということです。

以下は「ファスト&スロー」にあります価値関数のグラフ。

このグラフは損失と利得に関しての価値関数を表しています。

S字のグラフの傾きが大幅に変わっています。損失に対する感応度は、同じ額の利得に対する感応度よりもはるかに強いです。

これによって、株式投資でいうと、利益は早く確定したい、損切りはしたくない、という心理になってしまいます。

2、額が大きくなるにつれての損失感応度

続いて、損失感応度の話です。

以下は先ほどと同じ価値関数のグラフ。

ここで注目していただきたいところは利得、損失いずれについても額が大きくなるほど感応度が逓減しているところです。

ここで最初の問題2を見てみます。

問題2

あなたはどちらを選びますか

確実に900ドル失う、または90%の確率で1000ドル失う

この問題では多くの人が90%の確率で1000ドル失う方を選びます。

上記グラフの損失について額が大きくなる程感応度が逓減しているところに関連しています。

確実な損失と不確実だがより大きな損失というように、どちらに転んでも悪い目の出るギャンブルでは、感応度の逓減によりリスク追求型となる。

株式投資に置き換えると、少ないダメージで損切りをするより、下がってしまったのだから上がるのを待とうと言って大きく下がって塩漬けになってしまうような状況が考えられます。

株式投資に関連して

このプロスペクト理論が株式投資にどう関連していくかを見ていきたいと思います。

損失回避性は、損失は利得よりも強く感じられるということでした。

つまり株式投資で同じ金額だとしても、利益の喜びよりも、損失の悲しみの方が大きいということになります。

それによって、利益は早めに確定出来るが、損失は受け入れがたいために確定したくないという心理になってしまいます。

このまま持っていたら上がって損失にならないかもしれない、という心理になり損切りが出来なくなってしまいます。

もちろん、上がっていって利益で売却できる事もあると思いますが、損が大きくなってしまう可能性もあるため、選択肢として、損切り出来るようにしておかないと、株式投資で継続して利益を出していくのは難しいと思います。

額が大きくなるにつれての損失感応度は、額が大きくなるにつれて損失感応度は逓減していく、という事でした。

つまり損が大きくなるにつれて、感覚が麻痺してしまうという事です。

損切りが出来ずに損を拡大してしまうと、麻痺してしまい、もう放っておこうとなってしまい塩漬けになってしまう可能性が心理的には高いと思います。

そうなってしまっては損小利大の取引は難しいと思います。

証券マン時代の経験から言っても、かなり当てはまります。

下がってしまった場合の相談を受けた際、損を大きくせずに、次のチャンスを待つための損切り提案をしても、ほぼほぼ全ての方が、上がるかもしれないからとそのまま保有します。

株を売買するのが好きな方に、損切りの大切さをお話し、そうだねと理解いただいた上で投資し、損になってしまった場合でも、いざ損切り提案をすると、やはりこのまま持っておく、というのが多かったです。

まとめ

行動心理学のプロスペクト理論では、損失回避性、また額が大きくなるにつれて感応度が逓減する、ということがあります。

それによって、人間の心理的に損切りが出来ず塩漬け株を作ってしまう可能性が示唆されています。

あまり深く考えずに本能や感覚で投資をしていると、株が大きく下がるような局面に対応できず、塩漬け株を作り、投資はやめてしまう、などとなってしまう可能性があります。というより基本的には人間の本能上そうなってしまう可能性の方が高いです。

また、損切りをできない事によって、投資の基本である損小利大ができなくなってしまう可能性が高いです。

重要なことは、このプロスペクト理論を理解した上で、投資のトータルリターンを最大化するために、投資の基本である損小利大にするために、損切りや利益確定を含めてどのような考え方でどのような行動を取るのが最適か、客観的に見つめながら日々の習慣に落とし込むことだと思います。

ちなみにこの「ファスト&スロー」を初めて読んだのは3年前くらいです。昨年少額ですが米国株取引をしていて、-20%くらいで終わったのですが、その理由が損切りを躊躇ったからでした。

わかっていることと実行することはまた違うのだなと思い知らされました。

今年は確実に実行できるように身を引き締めていきたいと思います。

2019年現状

投資回数3回 +15.02% +1502.44ドル(目標年20%)

投資資産11547.39ドル

よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログへ


にほんブログ村